生前整理で悩む断捨離の始め方。アルバム、服、ぬいぐるみ、日記、家具のベストな処分方法とは?

皆どうしてる?生前整理を始めるきっかけとは?

  • 高齢となってきて、戸建てからマンションなどへ引っ越す場合
  • 老人ホームなどへ入居する場合
  • 配偶者が亡くなって一人になった場合

いろいろな場合があるとは思いますが、なにかきっかけとなる環境の変化があることが多いようです。

実は生前整理で悩む断捨離の始め方とは?

生前整理の場合には、かなり大幅にものを捨てることが多いと思います。

場合によっては、半分くらいまでものを減らすかもしれません。

思い出の品や写真類、いずれ使うかもしれないと長年取ってあるものが多い場合には、はじめはなかなか思うように進まないかもしれません。

心ときめく片づけをするメリット?ここだけのお話。片づけ収納アドバイザーによるアイデアのいろいろ大公開!はこちらへ→

こちらのページでは、断捨離・片づけの基本的なやり方・方法について詳しくご説明していますので、是非ご参考にしてみてください!

困った!アルバム、服、ぬいぐるみ、日記、家具のベストな処分方法とは?

困るアルバムや卒業証書、手紙、日記の断捨離・処分の仕方とは?

思い入れのあるものを捨てるのは、勇気が要ります!

しかし、これらは一番収納でかさばるものでもあると思います。

アルバムや卒業証書、手紙 は「電子化」してしまいましょう!

そうしたら、むしろ見たい時にいつでもどこでも見ることができます。

取り出して見るとなると、意外にまったく見ないものです。

本当に残しておきたいものだけ、スペースに十分収まる分だけを残しましょう。

洋服の 断捨離・処分の方法とは?

  • クローゼットやハンガーラックなどにかかる分だけを残すと決める
  • もったいないと思ったら、人にあげたり、リサイクルする

残念ながら洋服は、高価で売れるということはあまりありません。

リサイクル屋さんに持っていくのも大変な場合は、自治体のゴミで「古布」の日というのがあると思います。

ほとんどの場合には、古紙の日とセットになっており、透明の袋や紙袋に入れて「古布」とマジックペンで大きく分かるように書いておけば大丈夫です。

ただ、古紙は雨天でも回収されますが、古布は雨天の際は回収されないので注意が必要です!

心込もったぬいぐるみ・人形の断捨離・処分の仕方とは?

ぬいぐるみや人形は、「顔」があることもあってなんとなく普通の可燃ごみにそのまま出すのは気が引けたりします。

また、長年の思い入れがあったりもします。

風水の本でよく紹介されるのは、和紙などでくるんで見えないようにして可燃ごみに出すというもの。

また、近所のお寺などで人形供養をしてくれるところもあると思いますので、そういうお寺を探して供養してもらうのもひとつの手です。

大きな家具の断捨離・処分の仕方とは?

マットレスや布製のソファなどは、リサイクルができず廃棄処分となるのが通常です。

また、搬出も大変であるため、不用品回収業者に頼むのが無難でしょう。

きれいな木製家具などは、リサイクル屋さんで引き取ってくれる場合もあるので、一度相談してみるとよいかもしれません。

エンディングノートを作成してみましょう!

近年、「終活」という言葉も定着してきています。

自分が亡くなった後の遺品整理等は、遺された家族にとって意外と重労働になることも多いのではないでしょうか?

故人が親しくしていた方たちや

資産をどう管理していたか?

貴重品を保管している場所

などわからなくて困る場合もあると思います。

また、エンディングノートには自分の意志を書いておくこともできます。

ご高齢の方だけでなく、闘病中の方や

若い方でもいつ突然不慮の事故にあわないとも限りません。

そうだ!やっておこう!

と思った時がそのタイミングです。

私自身もきちんと作っておきたいと思っております!