遺品整理を安くする方法!上手に業者を選んでリサイクルして費用を抑えましょう!

遺品整理を安くするには?

故人のお宅で出てくるゴミの種類とは?

  • 家具
  • 家電製品
  • マットやカーペット
  • 小物や置物
  • 書類やアルバム
  • 観葉植物

家具、家電などの大型のものは、不用品回収業者に頼むのがベストです。

なぜなら、搬出も大変ですし、自治体の粗大ゴミは希望する日に回収してくれません。

実は!費用を一番安くする方法は、一般ゴミ(可燃ゴミ・不燃ゴミ)をなるべく自分でゴミの日に出して処分しておくことです。

特に、可燃ごみや不燃ごみなどが混在しているゴミが一番処分費が高く、コスパが悪くなるでしょう。

また、全体的に業者に頼むにしても、ある程度分別作業がされていた方が断然、作業代がお安くなります!

故人の遺品が多い場合には、検討してみるといいかもしれません。

また、遺品整理の場合、「供養」する必要も出てくるでしょう。

それも、自分で近くのお寺などで調べたほうがお安く済むでしょう。

安く済ませたい遺品整理をする前に確認しておいた方がよいこと

  • 確保できる日数の確認(通常一日で終わらないこと)
  • 宅内の電気や水道の使用可否
  • その地域の自治体へのゴミの出し方
  • 残しておきたいものはあらかじめ別にしておくこと

ゴミの出し方は自治体によって多少異なりますので要注意です。

ゴミの出し方・分別のしかたについてはこちらへ→

また、撤去されてしまったものを後から「しまった!」と思っても、既に業者の方で廃棄済みとなってしまっています。そちらも要注意です。

突然亡くなった場合など、気持ち的にもお辛い中行う場合もある遺品整理。あまり無理をせずに行うことも大切です。