プロが一番簡単だと思うお掃除方法とは!

掃除の鉄板

  • 上から下への順番で掃除する
  • つけ置きやお湯で洗うと格段に取れやすくなる

割とやってしまいがちなのが、一番汚れている床に必死になって掃除して、最後に照明のほこりに気が付くというものです。照明を掃除したら必ずまた床が汚れるので、二度手間に!

長年のがんこな汚れはすぐには落ちない為、つけ置きがマストです!さらに、お湯でつけておけるとより効果的でしょう。

ほこりが多いところの掃除方法

ほこりが目立つ場合には、先にまずホコリ取りをしてから洗いましょう!

おすすめ掃除道具1

ほこり取りのための基本の道具

  • ハンディクイックル
  • 乾拭きぞうきん
  • 掃除機

場合によっては、掃除機で吸い上げた方がよい場合もありますが、場所によってはハンディクイックルが非常に重宝します。

ほこりを先に取るメリット

  • ほかの油性の汚れやカビなどと混ざり合ってしまうと、掃除がより大変になってしまうこと
  • 水との相性が悪く、はじめから水拭きぞうきんやスポンジで洗い始めてしまうとホコリがさらにやっかいなものに!

水回りのお掃除

水回りの掃除のために用意したい基本の掃除道具がこちらです。

おすすめ掃除道具2

水回りで一番気になるのは、排水溝やカビではないでしょうか。

その場合には、「塩素系」と言われるカビキラーなどのカビ取り剤が必須アイテムです!

トイレ掃除で有名なサンポールは酸性洗剤のため、この塩素系洗剤と混ぜると有毒ガスが発生し、非常に危険であるためその点はご注意ください!

また、軽い汚れならいとも簡単に取れるのが「メラミン」スポンジです。

有名なのは、「激落ちくん」ですが、100均など今やどこにでも売っているものです。

ステンレス部分のお掃除

時間が経ってくると白っぽく取れない汚れとなってくるステンレス部分です。

おすすめ掃除道具3

ステンレス部分に効くのは、ジフやクレンザーなどの研磨剤です。

それと合わせて使いたいスポンジが緑色のスポンジで、少し普通のスポンジより硬いスポンジになります。

また、軽い汚れであればステンレス部分も、激落ちくんなどのメラミンスポンジが大活躍します!

細かい隙間などは、スポンジではなくブラシを使いましょう。

ベランダのお掃除

時間が経ってしまうと、ベランダの汚れも取るのに一苦労です。

ベランダ掃除1

洗剤は、中性洗剤で取れるなら良いのですが、なかなか取れない場合には、アルカリ性の油性の汚れに強い洗剤を使うと取れやすいでしょう。

ベランダ掃除3

また、月一回程度、部屋の床と同じようにフローリングワイパーで汚れを取っておくと、がんこな汚れにはなりにくいのでおすすめです!

拭き掃除をするときは、雑巾ではなくこうした使い捨てシートがおすすめです。

なぜなら、ベランダ掃除の場合、ぞうきんは一度でドロドロに。。再利用不可能なことも多いです。

かといっても、それなりに機能性の高いものでないと拭き掃除に余計な手間がかかってしまいます。

その両方を兼ね備えるのが、こういったフローリング用のウェットシートです。

ベランダ掃除2

プロのピンポイントお掃除!

汚れは時間経過と場所によっては、石のように固くなって普通の洗剤とスポンジでは取れなくなってきます。

特に、蛇口、シャワーヘッドの裏側、トイレ便器内。

プロはどのようにその汚れを取っているのか、動画の例があります!ご参照ください。