BLOG

年末大掃除に向けて!換気口のお掃除方法

更新日:

いつもお世話になっております。

西東京市を拠点とする便利屋 ATOMU(アトム)です。

年末大掃除に向けて!換気口のお掃除方法について☆

 

年末大掃除は、誰しも一度はご経験があるのではないでしょうか?

見てるのとやってみるのとでは大違い。

時間もかかるし、なかなか取り切れない(´-∀-`;)

わたしたちハウスクリーニング業者も、日々いつもお掃除に当たっているとはいえ、腕前がプロになってくるのは最低3年くらいはかかります💦

そして、ほこりやハウスダスト、動物の毛などさまざまなアレルゲンが多々ある中、強い業務用洗剤を使用するため、目や鼻や皮膚にアレルギーを持っている方だと厳しい作業になってきます。

ハウスクリーニング・掃除が難しいのは、そういう背景が理由のひとつにあると思います。

 

 

さて、年末大掃除にむけたお掃除方法①換気口のお掃除についてです!^^

①まず、浴室・トイレ・洗面所などにある換気口のフタを取る!

◎形状やメーカーはお宅によってさまざまですが、

大体四角いタイプは、下に引っ張ると金具がぶらさがっていて、それの引っかけ部分を外します。

丸いタイプのは、PUSHと書いてあってちょっと押すと外れるものだったり、回すと書いてあって、回していくと外れるものがほとんどです。

※古いものでほとんどお掃除してなかったりする場合には、固くなってしまっていてなかなか外れない場合もありますので、破損等に注意しながら外してください。

②汚れがひどい場合には、洗剤をふきかけて「つけ置き」する!(目安30分以上)

◎タバコを吸っていた場合は、ヤニで汚れが相当ひどくなっている場合がほとんどです。

使う洗剤は、「油汚れを落とす」専用のものを購入してください。

※中性洗剤やカビ取り剤など用途の違う洗剤を使うと、えらい苦労することになります!

③スポンジや小さいブラシを使って、汚れを落としていく。

◎つけ置きした場合には、この時点でかなり落ちています。

洗剤の吹きかけ方が雑だと、あとで苦労することになります(笑)

※特にブラシでも入りにくい細かいところなどは、ブラシ等でこすってもなかなかおちないため、洗剤で落とすしかありません。

◎換気扇・換気口の内部ですが、気軽に分解してしまうと大変なことになりかねませんので、分解せずに手の届く範囲でのお掃除をします。水で濡らす前に掃除機でほこりを取り、水拭きのぞうきんを細い棒状のもの(ドライバーなど)でひっかけて、届く範囲で綺麗にしていきます。

④フタを洗い終わったら軽く拭き上げ、元に戻す。

以上です。

これひとつでもなかなか時間がかかるはずです。

是非お試しあれ☆

ご一読いただきありがとうございました。

-BLOG
-, , , ,

Copyright© 暮らしの応援 ATOMU(アトム) , 2020 All Rights Reserved.